読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール嫁日記

中華系シンガポーリアンとの結婚生活について、

シンガポールの上海料理店

嫁が前から行きたいと言ってた上海料理店が当たりだった。

 

店の名前はXian Yuan Ji(祥源记)住所は405 Jalan Besar

 

店はカラン地区のジャランベサール通りにある。ゲイラン地区ほどあからさまでないが、いかがわしい店が目立つ場所だ。夜はネオンがけばけばしい。

 

f:id:multivitamin:20160417153757j:plain

(ジャランベサール通り)

 

お目当ては生煎饅頭(ションジュマントウ)だ。これは蒸し焼き肉まんで上海を代表する食べ物らしい。

f:id:multivitamin:20160417153847j:plain

(3つ入りで5ドル)

 

初めて食べる。小籠包のように熱い肉汁が入っており、知らずにかぶりつき軽くやけどした。ふつう知ってると思い注意しなかったと嫁に冷たく言われ、イラッとしながらも美味かった。

 

全品で7品しかなく、メニューもシンプル。ワンタンも注文した、皮がつるつるでスルッと食べれる、これもいける。

 

f:id:multivitamin:20160417154020j:plain

(メニュー、これで全品)

 

生煎饅頭は嫁の好物で上海出身の知人に教えてもらった店だ。店の客は皆中国人らしい。

 

f:id:multivitamin:20160417162433j:plain

(店内の様子)

 

しかし美味かった。腹いっぱい食べ30ドルぐらいと値段もリーズナブル。

 

食後に付近を軽く散策し、店の並びによさげな古いホテルがあったので中に入ってみた。(一番上の写真の左がそのホテル)

 

f:id:multivitamin:20160417153821j:plain

 (ロビー。なかなか良い)

 

狭い国とは言え、美味い店の発見はこの先もまだまだありそうだ。