読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール嫁日記

中華系シンガポーリアンとの結婚生活について、

現地化

シンガポール統計局が公表している人口トレンド2014年版によると国民の74.3%が中華系だ。

f:id:multivitamin:20150723233135j:plain

明らかに中華系(華人)が民族のマジョリティーである、よって必然的にシンガポールはチャイニーズ色が濃い、中華系の人はどこにでもいるし、華語を耳にしない日はない、

 

嫁も俺も外国出身者だが嫁は現地化に成功しシンガポール社会に深く食い込み身内として受け入れられているようだ、もっとも嫁は帰化したので国籍はシンガポール人である

 

 嫁にとって華人マジョリティー社会で現地化はそれほど難しくなかったのだろう、

 

 たぶん嫁は意識的にせよ無意識的にせよ現地化はメリット多しと考えて実行したのだと思う、

 

日本人は現地化せずとも一応は快適に暮らせると思う、またシンガポールは移民が現地化しないことを許してくれる社会ではなかろうか、

 

とは言え中国出身者はある程度現地化しないと住み心地がちょとばかし悪いのではなかろうか、大陸出身者(俗にPRCと呼ばれる)は一部の人間に見下されてるふしがある、中華系シンガポール人はルーツが同じでも自分たちとPRCを完全に区別している。

 

現地化するしないは損得勘定で決めれば良いと思う、たとえば現地採用の日本人は現地化によって転職で狙えるポジションが格段に増える、採用枠が限定的で給与水準が低い日本人ポジションに縛られないことはメリットが多いのではなかろうか。逆に駐在員は現地化しすぎると弊害が出そうだ、 

 

現地化しやすかった嫁、しにくいがしなくともなんとかなってる俺、どちらも恵まれてるのだろう、

 

住んでる年月に差はないものの、現地事情は嫁の方が圧倒的に詳しいだけでなく、知りたいことがあればそれを教えてくれる知人もたくさんいる、そんな嫁に頼ってばかりだ、嫁に感謝。